9月10日(月)の日暦は『旧八朔』 ( ブログバトン )

9月10日(月)の日暦は

角(かく)

七悪金星の中段吉凶は『なる』

六曜星は友引で至極吉日となります

此の星にあふ日は、婚礼、移転、新しく衣服を裁ち、着初め

井戸を掘り柱立などに用いてよし

佛事埋葬にはわるし

二十八宿が一巡りした初日の本日は、吉日となっております

婚礼・着初めその他は吉事となりますが、埋葬など良ろしくない部分も

ございますので御心掛け下さい。埋葬にはペットも含まれます

中段吉凶におきましては「開店、婚礼、柱立て等大吉。掛け合い事凶」と

なっておりますので暦と併せて御参考ください

本日は 『旧八朔(きゅうはっさく)』 の日となっております

『八朔』とは『八月朔日(はちがつさくじつ)』の略式の言い方で八月一日を意味するものです

本日は旧暦の八月一日ですので『旧八朔』となります

八朔の時期は早稲の穂が実る事から別名『田の実の節句』とも言われます

様々な風習や謂れがあるようです

地域によってはこの旧八朔の日に五穀豊穣を祈願する祭礼・祭事を

催されるところもあるのではないでしょうか

本日も『朝に合掌ゆうべに感謝』の御心を忘れず和顔穏心にてお過ごしください

                    合掌