届きました??? - SAXの大森義基(おおもりよしき)の日々

昨日、広島の夜…居酒屋「西田家」に於いて

広島名物の「花ソーセージ」をここでいただくと美味しく感じますーって…ピアノの松尾さんが語っていらっしゃいました????

写真有難うございます?

布団干しました!

今日は!2日続いて良い天気になってくれましたね。私がゆっく

り出来る日で晴れたのは本当に久しぶりで洗濯に布団干し

掃除とチョット頑張りました、蒸し暑さもあって汗は?いたけど気持ち

良い半日です。

さて明日は又熱田のイオンで占いの仕事です。今年は戊戌年

変化の激しい年です、今は金気の強い時になったので天変地異は

少なくなると思うのですが、先日4回目の覚せい剤で逮捕されたT

Yは金気の陽庚戌日生まれで年中は己未年で俗に言う土生金

の強い人ですから自分勝手で甘えた的な性格に成ってしまいやす

い!加えて今年は戊戌年干支共に土8月は庚申月干支共に金

今9月は辛酉月と更に土生金が重は辛いですかね。

维基百科 伍迪·艾伦 ( ブログバトン )

维基百科 伍迪·艾伦

https://zh.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8D%E8%BF%AA%C2%B7%E8%89%BE%E4%BC%A6

伍迪·艾倫(英语:Woody Allen,1935年12月1日−),本名艾伦·斯图尔特·康尼斯堡(Allen Stewart Konigsberg),美國電影導演、編劇、演員、喜劇演員、作家、劇作家和音樂家,其职业生涯已逾50年。艾倫獨具風格的電影,範疇?跨戲劇、脫線性喜劇,讓他成为了美國在世最受尊敬的導演之一。

艾倫也以他飛快的電影拍攝速度與數量繁多的電影作品著名,迄今为止艾伦已执导了四十多部影片。艾倫的電影常包辦編劇、導演,有時甚至自己上陣演出。靈感方面艾倫則汲取自文學、性、哲學、心理學、古希臘、猶太身分、歐洲艺术電影,以及他的出生地與一生的居所:紐約市。

艾伦从1950年代起就开始给电视节目和出版物写短篇笑话。1960年代初他参演了一些滑稽戏。他经常演一些不安的、烦躁的以及带有神经质的角色,并且坚持将这些角色与现实中的自己完全区分开。[2]2004年,[3]喜剧中心将艾伦评为百大滑稽演员(stand-up comics)第四位,一项英国的票选则将艾伦位列最伟大喜剧演员第三位。[4]

到1960年代中期,艾伦开始编导一些闹剧式的喜剧电影(slapstick comedies)。进入70年代,受欧洲艺术电影影响艾伦的影片向更具艺术性与戏剧性的电影风格转变。艾伦通常被认为是60年代中期至70年代后期时的美国新浪潮电影制片人之一。[5] 艾伦经常主演自己的影片,像早年一样,他饰演的角色通常具有悲观、不安和神经质特质。他最出名的影片包括《安妮·霍尔》(1977年)、《曼哈顿》(1979年)、《汉娜姐妹》(1986年)、《午夜巴黎》(2011年)等。影评人罗杰·埃伯特形容艾伦为 "a treasure of the cinema"

そして今日が荒神社例大祭 ( その他祝日、記念日、年中行事 )

朝、7時半より

昨夜の片付けと、

神事の準備です。

午前中の神事の後、

午後から子供神輿の御神幸(ごしんこう)

 

   

後は、最後の大仕事、

直会』です。

直会(なおらい)とは、神社に於ける祭祀の最後に、神事に参加したもの一同で神酒を戴き神饌を食する行事(共飲共食儀礼

名前は空の上で決めてきた道しるべ

小学生の時、私はですを考えましょう

それを保護者の見えるところで披露しましょう

みたいなことがあったのね。

あれ、

当時めっちゃ嫌だったーーーっ

隠れポンコツ女子の愛され方改革中

ゆるゆるワーママおっこ

(アカシックリーダー奥澤ゆうこ)です

私は元気です

私は素直です

私は器用です

私は活発です

そんな私はですを

考えてひとつ選んでください。

って課題だったような

その時のうちは

親に見られるのだから、

親が望んでいる自分を選ぼう

と健気な小学生だったのです(笑

が!

うちの名前優子言うのですが、

自分では

私優しい子

なんて思えてなかったのです

だから、

(今思えばたかが)

小学生の

制作物の課題

(きっと先生は何も考えていないだろう)で、

エラく悩んで

苦しかったのです

で、自分が

うち優しい子なんかじゃないよと

否定しながら、

私は優しいです

ってフレーズを選んで

何かに書いて掲示したのです。

それを見る度に

うち、親が望んだ優しい子になれてない

って、嫌な気持ちになってました

今ふと

もし息子が、名前に込めた意味と全く違う人になっても、それはそれで良いなぁ

とか思い浮かんで、

関連して

上記の自分の小学生の頃の記憶や感情を

思い出したのでした

今1歳ラストスパートの息子は、

どちらというと、

名前に込めたものと

同じようなところにいるように、

うちからは見える。

それがいつか、

もしかしたら、

全く違うものになるかもしれない。

でも、それって

逆になんか面白いかもね

とか、今は思えちゃう母(うち)

だからもし、

息子がいつかのうちのように

自分が自分の名前のような人になれていない

と思うことがあっても、

そんなこと気にすんな

それでもあなたはあなただよ

って言いたいなぁ

だって、

どーせ

自分の名前って、

自分が産まれる前に

空の上で

自分がコレって決めてきているんだから

自分で決めてきてるんだもん

大丈夫

子どもを

自分を

信じよう

只今アカシックリーディングメニュー準備中

心は変わらないのにね… ( 女の本音・本心 )

こんにちは。

今日は久しぶりに暑い感じです

連休だから 松島方面はきっとコミコミだよね…

近くの海沿いの散歩くらい出来るかな

もう少ししたら 行ってきます

前は彼との幸せだった時のことを 多く思い出していたけれど

最近 悲しかったことも思い出す

病気になって 子供は難しいと話されたとき

そのことではないと思うけど

彼から「女としての機能果たせないくせに」と言われた

入院して 横になっている時が多かったから仕方ないけど

仮に子供が産めない事を言われたのであれば

それも仕方が無い

実際にそうだから

でもね 体はそうなっても 心は変わらないのよ…

むしろ弱ってる

そんなこと言われたら 悲しいの

その時何も言えなかったけど

ホントは悲しくて 悲しくて どうしようもなかったの

気か付かないよね?

私が悲しかった事…

悪気があって言ったわけじゃないものね

私は生きたいから 間違った選択してないから…

負け犬でもいい

以外と

サインバルタ201

炭酸リチウム1002

ソラナックス041/2183/200残4575

ワイパックス051

減薬に失敗する人は

以外と多いのかもしれない。

自分だけが、ありがたい忠告にも従わず、

医師の言葉を真に受けて、

一気断薬を繰り返して、

入院を繰り返して、

救いようがない奴だと

思わなくてもいいような気がしてきました。

自分だけが特別苦しいと感じているのも

違うかもしれない。

こじらせたことで、辛い状況を作ってしまったから、

一刻も早く断薬したい

けれど、時間をかけなければ

また、失敗するから

耐えるしかない。

こんな状態にある自分は

孤独だと思っていたけれど

もっと頑張っている人が

いるんですね。

私もがんばろう。

4日で075の減薬の速度が

定着するといいな。

仕事もして、家事もして、

普通に暮らせるふりをしよう。

無理しないで

できない自分も許そう。

そうやって生きていこう。